30年度最後の家族交流会

2019年 2月9日(土)

今回のテーマは「鬼は外!福はチョコ!」とのことで、和洋折衷な家族交流会をしました。

 まずは「お昼!」

具だくさん煮込みうどん、ぜんざい、おにぎり、卵焼きに加え、ご家族からの手作りの桜餅も、振るわれました。皆さんおいしく食べ、沢山の笑顔が見られました!

お次は「バレンタイン!」

御家族の皆様に入居者様へ一言書いていただき、それをチョコの入っている袋に張り付けて、入居者様に手渡ししました。入居者様は喜んでおり、後で話を聞くと「うれしかったよ」と話してくれました。

 DSCF0295

最後に「豆まき!」

職員2名が赤い鬼と黒い鬼に扮して登場。配られた豆の入った袋を使ってみんなで豆まき。入居者様だけでなく、多くの方々の笑顔を見ることができました!

途中、歌を熱唱する職員もおり、大盛況の家族交流会を終えました。

30年度最後の家族交流会はいかがだったでしょうか?

来年度もひばりヶ丘をよろしくお願いします!

                   ひばりヶ丘   井原介護員

今年度第2回目のボランティア交流会!

恒例となっておりますボランティア交流会、2月4日(火)に、今年度第2回目を開催しました!日ごろよりお世話になっているボランティアの皆様に、今回はグループホームの成瀬GLより、グループホームでの取り組みについて、スライドを観ながら聴いていただきました。今後はこれまで以上に「地域でつながる」ことが必要とされる、ということ、小原安立で受けられる様々なサービスについてや、入所にあたって気になるあれこれを、皆様積極的に質問を投げかけられながら熱心に聴いてくださっていました。少し難しい内容ではありましたが、分かり易く笑いを交えた実例を取り上げながら、楽しく和やかな雰囲気でした。施設という場所に対して、皆様の生活からは少し隔たりを感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、それを取り払い、気軽にサービスを利用していただくことができるためのきっかけに、少しでもなったのであれば良いなと思います!

 

DSCN3633

頭を使った後は食事会!本日のメニューは入居者様の昼食と同じ、手作りの「お弁当」です。談笑しながら美味しいお弁当をいただいた後も、食後のコーヒーとお菓子を嗜みながら、絶え間なく会話が弾んでおりました。ボランティアの皆様方が一同にお集まりいただく交流会、楽しい時間を過ごしていただけたのでしたら幸いです♪

DSCN3645

 

ボランティアの皆様方、いつもありがとうございます!今回もお忙しいなかご参加いただきありがとうございました。今度ともどうかよろしくお願いいたします!

DSCF0288

 

(さつき通り介護員・永井)

鬼は外!福は内!~さつき通り節分会~

2月3日(日) 節分の日に「節分会」と称し、さつき通り家族行事を開催しました。

冬といえば鍋!ということで海鮮たっぷりの寄せ鍋と具だくさんの豆乳鍋をご用意させていたただきました!

まだまだ寒いので温かい鍋を食べる箸がすすみます。〆に準備したうどんと雑炊があっという間になくなりました。

DSCN3541 

美味しい鍋を大好きなご家族と食べ、入居者様はとても嬉しそうでした。DSCN3548  DSCN3551

今回は少林寺拳法愛知石畳道院の拳士さんたちが演武を披露してくれ、可愛い拳士さんたちの演武をみなさん真剣にみておられました。

    DSCN3591

最後に節分といえばもちろん豆まきです!入居者様もご家族様もちびっこ拳士さんたちも鬼に向かって豆を投げていました。豆まきをして邪気を追い払うことができたので、みなさん今年1年も健康に過ごすことができそうです。

 DSCN3624

 

寒い中ご参加ありがとうございました。

今年度もあと少しですがよろしくお願いします。    (さつき通り介護員 中根)

小原安立食堂

CIMG1996CIMG2002

平成31年1月29日14時から食堂を開店しました。

軽食と飲み物のセットを提供し、普段はなかなか交流できない入居者さん同士で話が           盛り上がり、皆さんに楽しんでいただけました。

ボランティアの方々にもお手伝いしていただき、滞りなく終了する事ができました。

ありがとうございました。

(さくらヶ丘 山口)

第4回サービス向上研修

平成30年11月30日(火)第4回サービス向上研修が開催されました。今回は、リスクマネジメント基礎知識と危険予知訓練及び、看取りについての研修を実施しました。リスクマネジメントの基礎知識の方では、施設に及んでいる危険を勉強することができました。危機予知訓練では、2枚の写真から事故になる可能性があるところを2グループに別れ危険予知していくことを実施しました。職員からはさまざまな危険予測が出され勉強の場となりました。看取りに関しては入居者様の人生の最期をより良くするための支援について学びました。今後は今回学んだ知識をもとにさらなる良い支援ができるように精進していきたいと思います。

                             作成者 ささゆり通り 小栗

DSCF0243DSCF0238

小原安立 ICF研修第2回目開催

平成30年12月3日(月)小原安立にて、第2回目のICF研修が開催されました。

今回も第1回目に引き続き、奥田亜由子先生をお迎えしての実施となりました。

入居者様のより良いケアプラン作成を目指すべく、5名の入居者様のICFを

作成して臨みました。まだまだ内容に関しては向上の余地はあるものの、

先生からは「入居者のことをよく考えられたプランが多く、作成するだけでなく

職員皆が実行しやすいプランであり、良い施設であることが感じられた」とお褒めの

お言葉を頂きました。今回の研修を励みに更に良いケアプランが作成できるように、

そして入居者様に喜んでもらえるような支援を目指して精進していきたいと思います。

奥田先生ありがとうございました。          作成:ささゆり通り 則竹

 

DSCF0221 DSCF0230

平成30年度 家族交流会 大掃除

 

2018年も早いもので12月となりました。

昨年度に引き続き、大勢のご家族の方にご参加いただき大掃除を行うことができました。

午前中は入居者さまの居室を中心に掃除を行い、午後からは共有スペースの窓や手すりなどの掃除をしていただきました。一生懸命に掃除していただきとても綺麗になりました。

ご家族の皆さまのおかげで、綺麗なお部屋で新年を迎える事ができそうです。ありがとうございました。

                                (介護員 高木)

 

 

IMG_0291IMG_0289

 

四季桜を観に外出へ

平成30年11月28日(水)、入居者さんと一緒に四季桜を観に川見四季桜の里に出掛けました。天候にも恵まれ、「風が気持ちがええな。」と気分良くされていました。

DSCN3336 DSCN3339

入居者さん、四季桜を初めて見るとの事で、観た感想を聞くと「きれいだな、ありがとう。」と満足そうに見ていました。四季桜を見たあとは、川見四季桜の里の近くに昔住んでいた家があるとのことで、家に行くことになりました。家に入ることはできませんでしたが、外から家を眺めている際、「よく娘と編み物して遊んでたわ。」と話をしてくれました。 

外出をすることによって普段聞けなかった話をすることができよかったです。また今後も外出の機会を作っていきたいと思ます。                         

                                                                               (さつき通り 岡本介護員)

小原中部小学校合唱交流

DSCF0170DSCF0172DSCF0185

 

 

 

 

 

11月1日(木)、昨年に続き2回目となります小原中部小学校との合唱交流が行われました。

全校児童49名による合唱は大きく美しい歌声で、笑顔と元気をもらいました。

そのあと、入居者と一緒に手遊び歌で手を合わせたり、肩をたたいてもらったりしました。

始めは緊張していた児童の皆さんにも笑顔が見られ、交流はあっという間に終わりとなりました。

最期に11月17日(土)に行われる学芸会の案内をいただき、入居者の皆さんの大きな拍手で感謝の気持ちを伝えました。

                            (地域貢献委員会 枡岡)

 

 

  

平成30年度第1回ICFケアプラン研修

 

DSCF0112DSCF0115DSCF0118

  10月29日(月)、13時から、日本福祉大学講師である奥田先生を招き「ICF手法に基づくケアプラン」についてケアプラン担当者が集まり勉強会を行いました。9名の職員が参加し、各自が作成してきた計5事例のケアプランを発表しながら先生に確認していただき、じっくりとアセスメント方法からケアプランまでの作成内容について、アドバイスを受けながら添削していただきました。ケアプラン作成前の入居者ご本人やご家族からの情報収集がいかに重要であるか改めて気付かされました。12月の第2回目の研修に向けて「課題整理総括表」についての講義もしていただき、次回までに作成することになりました。

  今回の研修で教えていただいたことを活かし、入居者さんへの支援に役立てていきたいと思います。奥田先生、お忙しい中ご指導いただきありがとうございました。次回もよろしくお願いいたします。(柴田GL)